はじめに

国土利用再編とは

日本国全体の人口が減少する時代において、現在の生活およびその基礎となる国土利用を維持することは困難です。しかし、現状を直視して「あきらめるもの」を間違えなければ、「環境の変化や財政の悪化に強い柔軟な国土利用」を形成して、次世代に残すことも可能です。わたしたちは、このような国土利用再編を住民の合意と民主的な手続きを経て実施したいと考えています。

長期的な国土利用再編のための十七条憲法(林直樹私案)

    (柔軟な思考に向けて)

  • 第一条 国全体の人口の減少から目を背けない
  • 第二条 危機を誇張しない
  • (ビジョンの形成に向けて)

  • 第三条 土地利用を粗放化してインフラを削減する
  • 第四条 辺地から目を背けない
  • 第五条 低コストで潜在力を守る
  • 第六条 拠点で守る
  • 第七条 迷ったら次世代の選択肢を減らさないことを考える
  • (遠い将来のビジョンを無理なく実現させるために)

  • 第八条 自然の回復力と人間の適応性の両方を信じる
  • 第九条 遠い将来のビジョンを強く意識しながら少しずつ変化させる
  • (当事者が納得して選択するために)

  • 第十条 職人芸に頼りすぎない
  • 第十一条 ビジョンに関する選択肢の採否は当事者が決める
  • 第十二条 次世代の命の重みを感じる
  • 第十三条 選択肢を提供することで貢献する
  • 第十四条 個々人の自信の回復を支援する
  • 第十五条 信頼関係を大切にする
  • (実現できる選択肢を提示するために)

  • 第十六条 選択肢の実現性を問う
  • 第十七条 現状を精査する前に選択肢の内容を確認する

国土利用再編「学」とは

わたしたちは、国土利用再編を批判的な側面も含めて検討する学問、すなわち「国土利用再編学」の確立を目指しています。

役員

理事長林 直樹(はやし・なおき)
副理事長齋藤 晋(さいとう・すすむ)
理事吉川 宗利(よしかわ・むねとし)
監事西村 俊昭(にしむら・としあき)

会員

当法人の会員は以下の3種類です(総会での議決権を有する社員は正会員のみ)
正会員この法人の目的に強く賛同して入会した個人及び団体入会金:4000円
年会費:8000円
準会員この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体入会金:0円
年会費:2000円
賛助会員この法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体入会金:0円
年会費:一口5000円(一口以上)

    入会をご希望される方は、以下の項目を記したメールを join@ilur.jp 宛にお送りください。
    のちほどこちらよりご連絡いたします。
  • 氏名(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 住所(職場でも自宅でも構いません)
  • 電話番号(任意)
※ お送りいただいた項目に不備・不明な点がある場合には、こちらから確認することがございます。
  ご了承ください。